やはり純正品に限るなあー
0

    サードパーティー製のブレーキレバーが着かなかったので現在は下の写真のようにスポンジテープで幅を調整しています。

    でも、やはりスポンジテープは何かカッチョ悪いです。

    たまたま訪れたタムタム上里店にブレーキレバーのSとSSサイズの現物があったのでよく吟味してから純正品を買ってきましたよ。

    サードパーティー製のSサイズを参考にしてSSサイズを購入です。

    (タムタム上里店様ごめんなさい。値札取るの忘れてしまいました。)

    並べてみるとこんな感じ。

    長さも小さくなってないか?

    さっそく取り付けてみました。

    さすが純正品。

    一発で取り付けられました。

    心配していた指へのフィット感もはんぱねぇーです。

    きついくらい指にジャストフィットです。

    高かったけどよい買い物をしました。

    おれも取り付けてみたいぜという方はこちら。↓

    Sサイズは、7PXにぽん付けできないというコメントがのっています。

    今回SSサイズはぽん付けできました。

    Sサイズ↓

    SSサイズ↓

    JUGEMテーマ:ラジコン

     

    | Futaba 7PX | 22:11 | comments(0) | - |
    TT-02からTT-02Bもどきチキチキラリー仕様 19
    0

      某電動オフロードRCカー走行会にTT-02Bもどきチキチキラリー仕様でも参加しました。

      (前回とほぼ同じ書き出し、奥の車がそうです。(^_^;))

      目的は、実戦投入して耐久性と走りの様子を確かめることです。

      予選はコース5周ということで、熱対策も必要なくインナーボディをつけて走行しました。

      結果は、壊れること無く走りきりました。

      また、車高もXV-01よりも高いので走破性もラリーカーとしては文句ありません。

      ただ、路面グリップが薄いところでは、ちょっとアンコトローラブルになりがち。

      それに直線コースで少しでもステアリングを動かすととたんに暴れます。

      練習走行の時に走らせたXV-01の方が、トップスピードこそ遅いものアンダーステア気味ではありますが、ずっと走らせやすかったです。

      まあ、これはこれで初号機としてはデータ収集、経験値UPには役だったのでよしとしましょう。

      あと、インナーボディーもほどほどの効果がありました。

      ただ、どうしてもステアリング周りに大きめの石が入ってしまうとサーボホーンの隙間に挟まってしまいステアリングが切れなくなってしまいます。

      練習走行時に長時間走らせているときに2回ほどそんなことがありました。

      それと何となくステアリングの切れ角が足らないような気がします。

      今後は、リアダンパーがやはり長すぎるようなのでちょっと何とかしたいと思っています。

      でも、熱問題もあり、これはこれで終わりでもよいかとも思ってみたり。

      せっかくなのでTT-02Bにきちんとコンバートしてみたかったり・・・。

      少し時間をおいて考えることにします。

      とりあえず、TT-02Bもどきチキチキラリー仕様第1部はこれにて完ですかね。

       

       

      | TT-02ラリー仕様 | 07:50 | comments(0) | - |
      Sand Master 報告
      0

        某電動オフロードRCカー走行会にSand Masterで参加しました。

        目的は前回の反省の効果のほどを確かめることです。

        結果としては壊れることも無く、走りきることができました。

        スロットルとステアリングを慎重に操作するとまあまあよく走ります。

        でも、もうちょっとスロットルをにっぎった状況でコントローラブルな走りを期待したいところです。

        この車は、後輪駆動なのでリアのトラクション確保が重要だと思われます。

        でも、前後輪とも同じタイヤを使用しているため前輪のグリップが通常でも前後同程度となりリアグリップが薄くなる路面状況では車が暴れてしまうのかも。

        次回は前輪タイヤを細い物に変えてチャレンジしてみるつもりです。

         

        | Sand Master | 22:18 | comments(0) | - |
        第3回RCカー・ラリーフェスティバルの会場募集について
        0

          第1回、第2回と埼玉県秩父市吉田元気村体育館をお借りして開催しました。
          お陰様で大会としてのシステムもほぼ完成することができました。

          そこでRCカーラリーの楽しさを埼玉県外にも広めていければと考え、他地域の開催も視野に入れ検討してきました。

          しかしながら、伝(つて)が無くなかなかよい会場がみつかりません。

          そこで、第3回 RCカー・ラリーフェスティバルの会場を募集することにしました。

          会場提供ができる方がいらっしゃいましたらぜひ公式ホームページの【お問い合わせ】のページからご連絡ください。

          ご連絡の締め切りですが、平成30年9月末日としますが、それ以降でもご連絡いただければ検討いたします。

           

          【会場の条件】

          1 駐車場が確保できること(40台以上)

          2 パソコン、音響設備の電源が確保できること(発電機も可)

          3 会場にトイレがあること

          4 ラリーコース(350m以上)が設置できること

          5 会場設営・運営・片付けにお手伝いいただける方がいること(最低5〜6人)

          【その他】

          具体的には工場や倉庫の駐車場、雑木林、多目的運動場だとありがたいです。

          個人所有の山林でも山道(1Km以内)と上記条件があれば会場としてもありかと思っています。

          駐車場等でラインパウダーで線を引いた場合、雨が降るまでは線が消えませんので予めご承知おきください。

          実行委員としての運営予算は1〜3万円程度です。(会場借り上げ費用を含む。不足する場合は会場提供者側での負担が必要となる場合があります)

          ラリー自体の運営は実行委委員会が行いますが、開会式・閉会式の司会、競技中のMCは会場提供者側でお願いします。

          実行委員会メンバーの旅費・準備等のための宿泊費は不要です。(こちらで持ちます。)

          実行委員会が担う業務は、開催告知、メンバー募集、スタートとゴールゲートの設置、走行順の決定と印刷、タイム計測と集計及び印刷、簡易放送設備の提供、バナーやギミックの貸出等です。

          細かいところは相談の上決定とさせていただきます。

          ご連絡いただいても必ず実施できると限らないこと予めご承知おきください。

           

          と、結構細かいところまで提示させていただきましたがよろしくお願いします。

          もし、会場募集が不調だった場合は、秩父市吉田元気村体育館で実施することとします。

           

           

           

           

           

          | 第3回RCカー・ラリーフェスティバル | 22:11 | comments(0) | - |
          第3回RCカー・ラリーフェスティバルについて
          0
            第3回RCカー・ラリーフェスティバルはいつ開催するのですか?というお問い合わせをいくつかいただいております。
            結論から申し上げますと年内(平成30年)の開催はありません。
            来年(平成31年)に開催する予定ですが、開催月及び場所については未定です。
            でも第3回の開催に向けていくつか準備を始めていこうと思います。
            と書き始めたところで、今日はここまで。
            | 第3回RCカー・ラリーフェスティバル | 07:20 | comments(0) | - |
            | 1/61PAGES | >>