calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

ブログ村

広告

広告2

人気ブログランキング

CC-02 ダイレクトサーボホーンになる

0

    短いダイレクトサーボホーンもあるんですね。

    知らなかったです。

    しかも安い!

    CC-02に取り付けます。

    CC-02についていたサーボセイバーはTC-01へ移植します。

    ても、ここダイレクトサーボホーン、プラスチックのように見えるけどアルミなのね。

    安くてよいな。

     

     


    スクエア製CC-02 アルミナックル&ステアリングロッドセットのその後

    0

      ステアリングシャフトを探しに行って結局ターンバックルを買ってきました。

      結構長いの売っているのですね。

      知らなかったです。

      60mmを探しに行ったら62mmと65mmが売っていて、大は小を兼ねる!ということで65mmを買ってきましたが、62mmでも平気ですね。

      早速、取り付けてみました。

      ↓こちらはスクエア製CC-02 アルミナックル&ステアリングロッドセット取り付け前。

       

      ↓こちらがその取り付け後。

      取り付け前は、外側タイヤが内側タイヤより切れてしまっていますが、取り付け後は外側のタイヤの切れ角が適正化されているのがわかります。

      WKクローリング日記 Ver.3さんも同じような方法で対処されているようです。

      ポン付けというわけにはいきませんが、なかなか効果的な商品ではないかと思います。

      ただ、ステアリングアームを止めているところがタイヤによってはこすれるかもしれません。

      そのときは、ホイールハブを厚くするとか必要ですな。

       

       


      CC-02 アルミナックル&ステアリングロッドセット

      0

        スクエアのサイトにもまだ掲載されていないし、モンチィさんのブログでも紹介(^_^;)されていない「CC−02アルミナックル&ステアリングロッドセットを買ってみました。

        高くて買うのを躊躇したけど使ってみないことにはその良さもわからんだろうということで、結局買っちゃいいました。

        たまたま訪れたお店には青銀黒とありましたが、黒を購入。

        アルミナックルだけのものも売ってました。

        その分安く販売されていました。

        しかし

        、結論を先にいうとステアリングロッドセットも買わないと意味がありません。というか、使えないというか、がっかりします。

        ですので、このブログをみている方で俺も購入してみようと思った方はぜひロッドセットの方をお買い求めください。

        大変お高いですけど。

        中身はこんな感じ。

        取り付ける前に切れ角が変化するのか確認するために記念撮影。

        早速取り付けていきます。

        組み立て取り付け難しくはありません。

        あっというまに完了。

        ?!?!

        今更ながら気がつきました。

        前の両輪とも一緒にフルボトムしたときに前回取り付けたダイレクトサーボホーンが長いためにハウジングに当たってしまいます。

        片方ずつならフルボトムしたときでもぶつかることはないのですが、両輪いっしょだど1cmくらいしかボトムしません。

        仕方なしにもとのサーボセイバーに戻します。

        今度はハウジングにも当たらずフルボトムします。

        よかったよかった。

        キット標準には何かしら意味があるのですね。

        ?!?!

        今度はステアリングシャフトが真横に伸びるのでは無く。斜め後ろに伸びています。

        何でだろうと思ってよーーーーく見てみると、アルミナックルの穴の位置がキット標準のナックルの穴の位置と違っています。

        ↓ちょっとわかりづらいですが。キット標準はこちら。

        穴がキット標準の2つから3つになっただけでなく、位置も違っているのです。

        これは、ナックル同士を繋ぐシャフトをできるだけ車軸に近づけることで切れ角の適正化を図っているためだと思われます。

        そのせいで、ステアリングシャフトの取り付け位置が車軸側に近くなり、結果としてステアリングシャフトが斜めになってしまいます。

        これを解決するためには、

        1 ダイレクトホーンにまたまた戻してサーボ側のシャフトの取り付け位置を後ろにもってくる。(でもハウジングに当たってしまう)

        2 サーボセイバーの内側に取り付け用ピロボールを移す。(ピロボールが大きいのでサーボ本体に当たってしまうかかも)

        2 サーボの取り付け位置を後ろにする。(前に出すのはスペーサーを入れればよいが後ろにするには大改造が必要)

        ということで2を選択してとりけます。

        まあ、まだ斜めだけど許せる範囲です。

        ?!?!

        ステアリングをまっすぐにするとサーボアームの位置が斜めになってしまいます。

        さっきプロポもつないでセンターをあわせた筈なのにどうしてだろうとよーーーくみるとナックル側のステアリング取り付け位置がキットと違っているのでキット標準のスステアリングアームだと短いのです。(なんだまた同じ理由かー)

        従って、キット標準しか持っていなくてこのナックルを説明書どおりに組むと動かなくなります。!!

        (*_*)

        しかも、そういうことなので切れ角の適正化を図りたければステアリングロッド付属でないと意味をなしません。

        (*_*)

        このスクエア製の商品の売りはナックル側でステアリングロッドの取り付け位置を車軸側に近づけることで切れ角増と適正化を図った商品といえますが、いろいろと弊害もあるというこです。

        説明書にはそのことが書いていないので私みたいなへっぽこにはそこに気がつくまで長い時間がかかりました。

        ( ;´Д`)

        付属のステアリングロッドはハウジングをさけるように湾曲しており、これはこれでとてもナイスなんですけどね。

        なのでキット標準では尺がたらず60mmほどのステアリングロッドが別途必要となります。

        残念ながらもっていないのでどこからか調達してこなくてはいけません。

        そんな長いステアリングロッド売っているのかいな?

        ということで60mm程のステアリングロッドを探す旅にでなくてはいけないようです。

         


        CC-02 防水化計画のその後

        0

          格安サーボにダイレクトサーボホーンがついてきたのでつけてみました。

          穴は二つあるのですがトルクのあるサーボなら長い方が何となくよいかなという程度で遠くにピロボールを取り付けました。

          サーボを下げたのと同じ効果があるといいな。

          バッテリーをつなげてサーボテストをしてみました。

          おっ、動きが遅い!

          まあ、ゆっくり走るCC-02にはよいかな。

          泥んこになっても気にならないし。

          (ハイエンドカーにはちょっと使えないけど)



          CC-02 防水化計画

          0

            CC-02のサーボをADOVANCE S64に譲ってしまったCC-02です。

            もうお金がないので格安サーボを購入してみました。

            到着しました。

            せっかくなので分解してみました。

            ギアは金属でできていました。

            防水とうたってますがどの程度防水なのかは不明。

            縦置きから横置きにしてみました。

            とりあえず。

            ここまで。


            | 1/5PAGES | >>