calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

ブログ村

広告

広告2

人気ブログランキング

RCC・RF実行委員会が出資者になる!?

0

    タイトルだけみるとなんのこっちゃですが、タイトルどおりです。

    (^_^;)

    福島県の猪苗代湖でラジコンコースができます。

    まだ、名称も決まっていないようです。

    そこの代表の方がクラウドファンディングで出資を募っていたので、RCC・RF実行委員会として出資させていただきました。

    ちょっと遠いので気軽にはいけないかと思いますが・・・。

    なせ、出資したのかというと、これまで開催してきたラリーフェスティバルで多くの方にご支援いただいたので、こんどは私が応援させていただこうと思った次第。

    「完成した暁には、コース借り切ってラリーレースやりたい」なんで思ってないんだからね。

    (;゜ロ゜)

    まあ、本音はともかく少し応援したくなったのは間違いありません。

    おれもラリーフェスティバルやるときにはクラウドファンディングしようかな。

    VIPの特典としては、参加費不要はもちろん、順位繰上権つきかな。(^_^;)

     


    ローソンの新型コピー機でラジコン用オリジナルシールを作ってみた

    0

      ローソンの新型マルチコピー機「MX-3631DS」でシール印刷ができるってご存じでしたか?

      これまでは家庭用プリンターで割高なシール用紙に印刷することが多かったとおもいますが、これからはコンビニでシール印刷ですかね。

      ただ何でもかんでも印刷できるというわけではなく、もともとは写真をシールにする機能なので基本データはJPEGで用紙サイズはL版または2L版ということです。

      しかも、現時点ではどこのローソンでもできるわけではありません。

      ローソンの新型マルチコピー機でシール印刷するまでの道のりは、ぴぃぷれ様のブログに詳しく紹介されているのでそちらを参照してください。

      ポイントは、2L版のJPEGデータをいかに作るかです。「CubePDF」というフリーソフトを使えば他のソフトの印刷機能にJPEG変換機能を追加できるのでお勧めです。

      それで、実際に印刷したのがこちら↑。

      実際にきりとって貼ってみました。↑

      自作でカールより若干薄いかな?という厚さです。フィルムとかは貼ってありませんが、擦っても消えたりしない安心品質です。

      ただ、粘着力が強力とい訳ではなく、用紙が伸びたりもしないので段差があるとうまく貼れなかったりします。上の写真では女の子の頭当たりがうまく貼れていません。

      でも、発色も鮮やかでシール目を近づけても粒子感が全くしないのはすごいとしか言いようがないです。

      貼る場所は選びますが、文房具屋で売っている市販のデカール並みの品質で手軽に印刷できるのは魅力ですね。

      みなさんもチャレンジしてみてはいかがですか?

      ラジコン仲間でおそろいのシールを作ってみるのもおもしろいと思います。

       

       

       


      ニッカド電源はんだ小手

      0

        とあるところから変わった形のニッカドバッテリーをいただきました。

        俵型とでも呼ぶのでしょうか。

        用途について調べてみるとタミヤのTLT-1用のバッテリーということです

        TLT-1とは↓このようなシャーシだそうです。

        たしかにTLT-1には使えるかもですが私の持っているシャーシには使えそうもありません。

        そこで遙か昔に買っておいたラジコン用バッテリーを電源とする「はんだ小手」があることを思い出しました。

        お互いコネクターも同じタミヤ型なのでうまくつなげそうです。

        古いバッテリーなので恐る恐る充電してから、ハンダ小手につなぎました。

        先っぼに手を当てていましたが、3秒ほどで熱くなりました。

        はんだも40秒ほどすぎると使えます。

        小手の先っぽが太いので細かい作業には向きませんが、電源のないところでの非常用ツールとして活躍が期待できそうです。(デモイツカツヤクデキルノダ?)

         

         


        M07のボディーを新調したぞ。

        0

          マスキングして塗装の繰り返し。

          一色ずつ塗っては裏打ちしていきます。

          裏打ちはプラモ世界ではおなじみのタミヤ メイクアップ材シリーズ No.44 ファインサーフェイサー L (ホワイト) 87044を使用してます。

          重ね塗りしても裏写りしないのでおすすめです。

          それとMITOは同包されているマスキングシートやデカールがあらかじめカットされているのでとても便利です。

          そして今回はデカール貼りをしてから、ボディの切り抜きにもチャレンジしてみました。

          そうしないと上手に貼れない気がしたというのがその理由。

          そして完成したのがこちら。

          今回使用したデカールシートですが、粘着力は十分ですが、曲面を貼っていくのは厚い分やはり苦手です。

          デコボコはさらに苦手でしばらく放置しているとはじから剥がれかかってくることもあります。

          ただ発色は鮮やかでとてもきれいでした。

          今度はのびるデカールシートもストックがあるのでやってみることにします。

          まあ、初めてにしてはとてもよくできたと思います。


          M07のボディーを新調するぞ。

          0

            M07のボディーがだいぶ痛んできたので新調することにしました。

            選んだボディーはこいつ。

            アルファロメオ Mitoです。

            L寸のボディーがなかなか売っていなくて仕方なくです。

            本当は、シルビアがいいのだけどタミチャレのレギュではFFには使えないのです。

            また、L寸で新型スイフトが発売されるということですが、ボディーが出回るのはずっと先のことなので、結局Mitoです。

            じつは、今まで使っていたボディーもMitoだったりします。

            最近はボディーを作るのも苦にならなくなってきたので、更なる飛躍をすべく、痛車づくりに初チャレンジしてみることにしました。

            いろいろ調べた結果、白ベースの車体に外からシールを貼ることにしました。

            以前ラリーフェスティバル用に買っておいたものが使えそうです。

            画像作成にはこれまたラリーフェスティバルのパンフ作成用にと買っておいたコミPo!を使います。

            (結局ラリーフェスティバルでは使わなかったけどね(^_^;))

            このソフトで作ったキャラは著作権を気にすることなく使えるのがいいところです。

            いま、改めてコミpo!を調べてみたのですが、値段改定されて880円で購入できるのですね。

            俺が買ったときは8,000円くらいだったような。

            そういえば、値下げしたという知らせを受け取っていたような受け取っていなかったような。

            10年前に発売されたソフトですが、少しずつ無料でバージョンアップも続けてくれる良作ソフトです。

            高くて買えなかった人はこの機会に購入するのもありかなあ。

            で、できたのがこんな感じ。

            そして印刷してデザインナイフで型抜きをしたところで今回は終了。

             

             

            JUGEMテーマ:ラジコン


            | 1/15PAGES | >>