calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

categories

archives

ブログ村

広告

広告2

第1回RCカー・ラリーフェスティバルの反省会その3

0

    第1回RCC・RFの反省会も3回目。

    今回はレギュレーションについて。

    レギュレーションについては様々な方からご意見を賜りました。

    この場を借りてお礼申し上げます

    いただいたご意見(私の意見を含めて)を二つに分けるとすると、「もっと明確にしてきちんとした競技へ」という方向と「明確にしてくれないとどう判断してよいか不明で困る」ということになりました。

    前者は、たとえば指定タイヤの導入やショートカット時のペナルティーについて、後者はバックはOK?という感じです。

    私も個人的には、タイヤはどこかのメーカータイヤの指定でOKじゃねなんて思うのですが・・・・。

    こんな時こそ、フェスティバルのコンセプトに立ち返るです。

    3つのコンセプトの中の一つ「ようこそ!レース初参加の人」に立ち返りながら、考えていきましょう。

     

    1 2駆、4駆とクラス分けした方がよいのでは。

     コンセプトとして「ようこそ初心者」とあり、フェスティバルですから、細かいレギュレーションはなじまないのではないかと考えます。個人として極めたい方、持ち前の車で完走を目指したい方そのどちらも参加できるようと考えると特に分ける必要性は感じません。

    2 バック機能もありとジャイロも認可してもよいのでは。

    これについては、極めたい人、初心者のどちらもにもメリットがありそうなので次回は明記したいと思います。
    3 走行終わったら車両保管(パルクフェルメ)に置いといた方がよいのでは。

     これについては、1グループの人数とスケジュールの余裕にもよりますが、雰囲気もでるし、お話もできる機会も増えるので、せめてグループごとに集合、解散方式という形で対応していこうと思います。
    4 タイヤも指定した方がよいのでは。

     個人としてもそうしたいのですが、指定するならどうしても大手のメーカーさんになってしまいます。(スポンサーとして供給してくれるならべつですが、どうですかメーカー各社さん? スポンサーになりませんか?

     また、複数指定すると車検の手間もかかります。

     極めたい人には、タイヤ指定は足かせになるし、マイナーなメーカーの車を所有している人には、新たな出費となってしまいます。(初心者がマイナーなメーカーを買うかという問題はさておき)

     車検については、本フェスティバルでも私としても何もできなかったなあと反省しているところですが、ただ、車検を導入すると専属に車検を担当してくださる方が必要です。
     みなさんレースにも出たいのでどうやってお手伝いしていただける方を見つけるかというのが課題です。

     そこで逆の発想をしてみることにしました。

     TCカードの裏にタイヤは何?、モーターは何?、シャーシは何?、バッテリーは主に何?と記入してもらいその情報については公開対象とするというものです。

     そうすれば、初心者も極めたい人も参考になると思います。

     ただ、今回はラリータイヤ以外に溝があるタイヤもOKだったのですが、これについては走りで苦労するのがわかったので指定タイヤからは外します。

     結論としてタイヤは指定タイヤとして市販のラリー用タイヤ及びラリー用RCカーキット付属タイヤということで、タイヤ、モーター、シャーシ、バッテリー、はTCカードに記入してもらうこととし公開対象とするとしましょうか。

     もちろん車検はできたらやりますよという姿勢は忘れておりません。

    5 ショートカットについて

     第1回RCC・RFの際は著しいショートカット以外は大目に見るというものでした。

     実際、コースどりが難しくベテランドライバーでもショートカットしてしまうほどでした。

     コーナーにマーカーを置いてあったのでショートカットするとタイムロスになっていたようです。

     これについては第1RCC・RFと同様ということで。

     もちろんショートカット防止策はこれからも研究していきます。

     

    以上、第1回RCC.RFの反省会はこれにて終了。

     

    JUGEMテーマ:ラジコン


    コメント
    コメントする