calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

ブログ村

広告

広告2

人気ブログランキング

1つのアイデアが浮かんだ!! エウレカ!!!

0

    ラップタイマーについてというカテゴリーで書くのは久しぶりです。

    まずは、下の動画をみてください。

    最初から全部見なくてよいです。

    4分24秒あたりから見てください。

     

    選手がゴールすると何やらカードを取り出し、読み取り機にスキャンさせています。

    一方オーガナイザーらしきおじさんは椅子にふんぞり返っているだけです。

    タイムを読みあげたり、記録したりする様子はありません。

    これは!!!むむむむ。

     

    さて、ラップタイマーを自作する際、大きく次の問題というか課題があります。

    1 計測装置の問題

    これは、RCC・RFでは、光電管とUSBのテンキーを使って解決しました。

    くわしくはこちら読んでね。

    2 計測プログラムの問題

    これについては、Java scriptというプログラム言語を駆使して作り上げました。

    プログラムに関しては(も!)素人同然だったので苦労しました。

    原理については簡単でスタート時刻を記憶させ、ゴール時刻から引き算させ結果を表示させるというものです。

    今では、一台ずつであればタイムも読み上げるようになっております。

    ただ、複数台走るときは、ゴール時刻から出発時刻の引き算を手入力でエクセルに頼っているのが現状です。

    ですので、大会の時には、私と嫁で計測器がはき出すゴール時刻をせっせとエクセルに入力しています。(とほほ)

    なぜ、自動化できないのかというと次の問題があるのですよ。

    3 車両個別識別の問題

    1台ずつ走っているときには、スタートする車両とゴールする車両が同じなのでそのまま引き算すればいいのですが、複数台走っているときには、ゴールした車が誰のものかわからないと引き算できません。

    とくにラリーのようなスタート時刻も1台ずつ違っていたりすると、どう引き算して良いのやら。

    じつは現在使っているラップタイマーは、途中誰も抜かさず、誰もリタイアせずゴールしたときに限っては、タイムがでるようになってます。(プログラムの改良はお手伝いしてもらったのですけどね)

    でも、途中で抜いてしまったり、誰かがリタイアしちゃうともう大混乱です。

    ですので大会の時にはこの機能はOFFにしています。

    要するにスタート時刻を記憶させるときに車両識別コードも一緒に記憶させ、ゴールしたときに車両識別コードがわかれば、引き算が成立するので誰がどこでリタイアしようが追い抜こうが正確なタイムが出ることになります。

    ですので、この原理をラジコン競技ではポンダーという識別コード電波発信器をつけることで解決しているわけです。

    でも、素人か電波発信機を作るのは難しい。

    そこで、ラジコンで個人で使えるラップタイマーでは赤外線発光ダイオードを使って計測器へ識別コードを送信している次第です。

    話は、最初の動画に戻ります。

    ドライバーが何やらカードを取り出して読み取り機にかざしています。

    ああ、そうか!!

    「ゴールしたときにQRコード読み取り機で自分のカーナンバーを読み取らせることで識別できるじゃないか!」

    調べて見るとQRコード読み取り装置もそれほど高価なものではなさそうです。

    しかもQRコードを作成することも簡単です。

    おお!ナイスアイデア。

    簡単なフローチャートを書くとこうですかね。

     

    <スタート>

    QRコードを読み取らせる。

    スタート時刻とQRコードを記録させる。

    <ゴール>

    ゴール時刻を記録する。

    QRコードを読み取らせる。

    QRコードからスタート時刻をひきだしてきてゴール時刻から引かせる。

    タイムを表示させる。

     

    おお!できた。

    あとは誰かプログラムを組んでくれたら完璧だな。

    自分でやるとラジコンやる時間がなくなってしまうし、家庭も崩壊しちゃうな。

    誰かつくってくれーーー。

    そういえば、どこかに依頼サイトみたいなのもあったな。

     

    このブログをご覧になっている方で作ってくださる方はいらっしゃいますかね。

    ただでとはいいません。

    さ、さっ、3万円だします。ヒュー(清水の舞台から飛び降りた音)

    最後に動画では。読み取り機に数字が20と表示されていますが、意味があるのかどうかわかかりませんでした。

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする