calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

ブログ村

広告

広告2

人気ブログランキング

ジーフォース プログボックスとG-FORCE LINK(PC)について

0

    なんとなくG-FORCEが好きで、何となくブランドとして買ってしまうのだが、少し困ったことがあって解決を試みたことをちょっとまとめておくことにしました。

    たぶん私みたいなへっぽこな方も少数はいるかと思うのできっと役に立つと思うのです。

    ことの始まりは、普段使っているG-FORCEのアンプTS-120をうっかり逆接をしてしまい壊してしまうことから始まります。

    これはこれでヨーロピアンコネクタを使っている限り、いつかはやるだろうなと思っていました。

    できるだけ、そのような事故を防ぐためへっぽこな私はバッテリーにコネクタを差し込むときに小声で「赤と赤」、「黒と黒」と確認しながら繋ぐようにしていたのにアンプを壊してしまったのでした。

    壊したアンプについては、それは自己責任なのでしょうがありません。

    でも、取説を読むと定価の6割で修理というより、新品と交換してくれる(かも!)ということなので、この業界にしては前向きな対応かなと思います。

    近々、交換してみることにしようと思います。

    (でも、どうやっていらいするのかHPをみてもよくわからんのでとりあえずサポートに電話してみよう。)

    さて、ここからが本題。

    G-FORCEのアンプのいいところは、.好ぅ奪舛本体についているので配線の手間がその分いらない、Wi-Fiでスマホからアンプの大まかな設定ができるの2点でカツカツしない私にはぴったり。

    なのでプログボックスというものは購入していませんでした。

    今回TS-120を壊してしまったので新しいのを準備する間、某オークションサイトでゲットしたラジコンカーにおまけで付いてきたTS-50のアンプを使おうと考えました。

    でも、TS-50はWi-Fiでの設定は行えず、バックのキャンセル等各種設定するにもプログラムボックスが必須となります。

    また、プログボックスがあればLi-poの電圧チェックやちょっと手間だけどKV値も調べられるというので購入してみました。

     

    さて、説明書を読むと、このプログボックスとPCに繋いでアンプのファームウエアも更新できるとあるじゃないですか!

    さっそく家にあるwin10のパソコンでG-FORCEのHPからG-Force Link (Ver.2.08)をダウンロードしてプログラムボックスを接続してから起右クリックメニューから「管理者として実行」をクリック(これ重要だったりする)してみますが、「Conection Fiails」と表示されて起動しないし、プログラムボックスの表示も変になってしまいます。

    調べて見ると同じような人のブログを見つけました。

    どうやらwin10ではハードルが高いらしい。

    また、TS-50に繋ぐときにはこちらにあるようにハードルが高いときもあるようです。

    しかも、プログボックスver3.××はどこ?状態。

    幸いVAIO VPCX11(win7)をもっていたので(処分しないで良かった(^_^;))起動してG-FORCE Link をダウンロード起動してプロブボックスを繋いでみます。

    そうするとフォルダ内にUSB LINKというフォルダが作成されます。

    その中にGFUsbLink_V2というアイコンができるのでそれをクリックします。

    おおっ!起動しました。

    「このソフトはネットに繋がりたがっているけどよいか」と聞いてくるので「今回だけ許す」とするとプログボックスのVer3.04に更新されました。

    そして、G-FORCE Linkも無事立ち上がりました。

    どうやらG-FORCE Linkからプログボックスのファームウエアのダウングレードもできるようです。

    これなら先ほどのTS-50問題にも対応できそうです。

    ・・・、もしや。

    ここでwin10に接続して再チャレンジしてみます。

    おお、こんどは認識して無事に起動しました。

    しかも、普通にクリックするだけで起動します。

    試しにプログボックスのファームウエアのダウングレードもしてみました。

    Okです。ダウングレードしすぎると何度かプログボックスを繋ぎアップグレードしなくてはいけませんが、ちゃんと最新版になりました。

    どうやら、この問題はソフトだけの問題というより、プログボックスのファームウエアのバージョンも問題なのかもしれません。

    結果としてvaio君はしばらく処分できないことが決定です。(^_^;)。

    このvaio君頭悪くて超遅いけど超軽いのでサーキットに持って行って、カツカツしたふりをしながら設定しているふりをするのにいいかもしれません。

     

    ここまでG-FORCEのフォローとよいしょをしたのでTS-120の修理を受け付けてくださいねG-FORCEさん。(^_^;)

    (G-FORCEさんに電話してみたら交換OKというので早速送ってみました。ありがとう、GーFORCEさん)

     

     


    コメント
    コメントする