calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

ブログ村

広告

広告2

TA07 MS その9

0

    ここまでくればもう少しだと思ったが、今回は強敵出現。

    TA07 MSにはダンパーステーが最初から2組入っています。

    1つはビックボアダンパー用。

    もう一つはロングダンパー用。

    リアは組み立て説明図をみると形が同じなのですぐにわかりますが、フロントはどっちも似ているので区別が付きません。

    タミヤの説明図の後ろには、パーツ図が載っているのでそれで判別することができました。

    でも、このパーツ図が原寸大だということ初めて知りました。

    偉いぞタミヤ。

    キット標準はビックボアなのでビックボア用のダンパーステーを取り付けます。

    上はフロント。

    こっちはリアですな。

    今回の困ったちゃんはこちら。

    サーボステーを削れだと。

    どうやらこのままだとベルトと干渉してしまうのだとか。

    うむ、TA07のアルミ製ではだめなのか?

    あとで検証してみよう。

    削れといわれて金ヤスリが常備されている家ってどれくらいあるのか知っているのかタミヤさん。と愚痴をこぼして削り始めること約10分。

    できました。

    ネジの頭が黒いパーツからわずかに、はみ出ているのがわかりますかね。

    ラジコン好きはこのくらいでは怒りませんとも・・・。

    (-_-;)

    ベルトからも07mmほど離れているので、まあ大丈夫でしょう。

    今日はここまで。

     


    TA07 MS その8

    0

      スタビライザーを作ります。

      下の長い方が、リア用のスタビライザーです。

      最新式のボールベアリングで支持するタイプです。

      取り付けました。

      なるほどボールベアリングは最強ですな。

      フロントです。

      取り付けてみました。

      うむうむ、よいかんじです。

      JUGEMテーマ:ラジコン


      TA07 MS その7

      0

        さて、今回はフロントアクスルです。

        フロントはダブルカルダンが付いてきます。

        フロントはシャフトの先にスイングシャフトキャップを付けません。

        完成!

        特に難しいところはありません。

        しいていうならアクスルリングの向きに注意ですかね。

        アップライトとCハブの間に入れるスペーサーを挟むのが不器用な私には超ムズです。

        説明書では0.7mmと0.5mm合うスペーサーを使えということしたが、薄い方がよさげでした。

        ターンバックルを取り付けてできあがりです。

         

        JUGEMテーマ:ラジコン


        TA07 MS その6

        0

          ずいぶんと放置していたTA07 MSです。

          組み立て再開です。

          リヤアクスルを組み立てます。

          後ろはダブルカルダンではありませんがアルミの44ミリを使ったユニバーサルシャフトです。

          順調に組み立て完了と思ったらなんか引っかかってシャフトがスムースに回りません。

          ここの出っ張り部分が引っかかるようです。

          使用するピロボールが8ミリと長いせいでねじ込んだときに盛り上がってしまったのか、それともかも製造過程のミスなのか。

          ラジコンを趣味にしている人はこれくらいの不具合では怒りません。

          不具合あってのラジコンと考えているせいでしょうか?

          リューターで削りました。

          100円ショップで買ったリューター大活躍です。

          リヤアクスルの取り付け完了です。

          こんな道具があるとアルミ製のターンバックルとアジャスターに傷をつけるたことなく作業が進められます。

          ラジコンを長く続ける人には最初に買っておいた方が良いアイテムです。


          TA07 MS その5

          0

            Cの袋に取りかかります。

            説明書通りステアリングアームを組み立てます。 

            説明書通り取り付けます。

            アッパーデッキも説明書通り取り付けました。

            でも、この時点でスペーサーが余っているので疑問に思い説明書みなおしたら、ステアリングアームに組み込むはずのパーツでした。

            密かにやり直したことは内緒です。(誰に?)

             

             


            << | 2/3PAGES | >>