calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

ブログ村

広告

広告2

人気ブログランキング

CC-02用ハードスチールフロントユニバーサルドライブシャフト

0

    スクエアからCC-02用のフロントユニバーサルドライブシャフトが発売されたというので清水の舞台から飛び降りてみた。(^_^;)

    届いたのがこちら。

    でもちょっと値段が高いなあ。

    理由はわからんが切れ角もアップするらしい。

    もし、本当なら切れ角不足なCC−02にとっては救世主みたいなパーツだな。

    ここまで分解したけどこの先ネジが多くて心が折れそう。

    分解が終わったところで、購入したパーツを袋から出してみました。

    上がノーマルで下の黒いのがスクエア製のもの。

    取り替えてみました。

    引っかかりがないのでシャフトを引っ張るとそのまま抜けてしまう仕様です。

    さあ、はたして切れ角はアップしたのでしょうか。

    ↓これは交換前、つまりノーマル。

    ↓こちらがスクエアのユニバーサルシャフトにしたもの。

    うーむ、わからん。

    タイヤ装着部のネジが長くなったのはよいな。

    幅広六角ハブをいれれば、ワイルドウイリータイヤも装着できそうな・・・・。

    今度確かめてみよう。

    今日はここまで。


    CC-02の動画

    0

      CC-02の楽しみ方はいろいろあるけど、個人的に楽しいと思うのがCC-02と一緒に散歩すること。

      クローラーが走行するようなハードな道でなく自然公園みたいな遊歩道の散歩は最高です。

      まさしくそんな状況にぴったりな動画をみつけました。

      この動画のすごいところは、2分あたりにボディーの中まで見せてくれることです。

      ふむふむ内装はこんな感じで作ればいいのね。

      でも、へっぽこな私にはハードルがたかいなあ。


      CC-02用ボディ「RCロッククローラー ジープ Wrangler Rubicon」が届いたが・・・その2

      0

        無事、窓の割れたジープの代金も海外通販会社から返金されました。

        品物は、返品しなくてよいとのことなので、ありがたく活用させていただくことにしました。

        もちろん義理堅い私は、返金いただいたお金から違う商品ですが改めていくつか買っいましたよ。(^O^)

        さて、ジープは、そのままではCC-02には乗せられないので加工しやすいようにばらせるところまでばらします。

        思った以上にばらけました。

        器用な人なら再塗装できると思いますが、へっぽこな私は窓が割れているだけですが、再塗装への意欲は無し。

        第1の目的をCC-02に乗せる。

        第2の目的をドライバーを乗せるに定めて作業開始です。

        G500のボディーとあわせるとこんな感じ。

        ホイルーベースに関しては問題はありません。

        CC-02シャーシに当てて切り取るところを目算で印を付けてみました。

        電動ドリルで切り取りたいラインに沿ってたくさんの穴を開け、ニッパー等で切り取っていきます。

        苦労しながらも切り取ることができましたが、まったくもって穴がまだまだ小さいようでもっといろいろなところを開ける必要がありました。

        最終的にはここまで切り取りました。

        前席のシートも4分の1ほど切り取らなくてはいけませんでした。

        とりあえず、CC-02に乗るようになりましたが、これ以上は下がりません。

        今のCC-02には、キットより一回り大きいタイヤを付けていますが、こんな状態。

        キット標準だともっととアンバランスになってしまうかもしれません。

        さて、シートも一部切り取った関係でぐらつくのでシューグーで固定してしまいました。

        運転席はツインテール無しの超合金ミクさんにご搭乗いただきます。

        さびだらけということで格安で入手したミクさんですが、ツインテールが幅をとり、室内に入りきらないので泣く泣く取り外すことになりました。

        フロントガラスは上手にはめ直すことができましたが、後ろのサイドガラスは割れてしまっているのでとりあえず元のようにはめて割れたところを接着剤で固化します。

        さらにばらしていたパーツを組み直して完成です。

        最初の計画では、塗装し直し、ルーフラックも設置して、LEDも付けるよていでしたが、ガラス割れているのと加工も手間がかかり、モチベーションも上がらず、つかれたのでここで終了です。

        ボディーの固定ですが、初めてステレスマウントを使ってみました。

        思った以上にしっかり固定できたので、今度ラジコンのラリーカーで渾身のボディーを作るときに使って検証してみようと思います。


        <追加>

        ボディを元に戻そうといじっているとリアがフルボトム状態になっていることに気がつきました。

        ボディが重すぎるのですね。リアのバネを堅くする必要がありそうです。

         

         

         


        CC-02用ボディ「RCロッククローラー ジープ Wrangler Rubicon」が届いたが・・・

        0

          お家にモノリス(^O^)が届いていました。

          なんかぐちゃぐちゃだなあ。

          梱包をとくと段ボールがでてきましたが、やはりぐちゃぐちゃ。

          いいラジ夢気分さんが、CC-02用にボディーを作ったというので私もまねしてみようと思い注文してみたのですが。

          箱の中身はというと「1:10 RCロッククローラーWrangler Rubiconのカーシェル アキシャル SCX10 タミヤ CC01 RC4WD D90対応 硬質プラスチック製車体」という商品。

          中国からの発送はきれいなままで到着したことがないので驚かなくはなりましたが、今回はさすがにちょっと心配。

          案の定、届いた商品はフロントガラスのパーツと右後部の窓が壊れていました。

          製品の問題というより、輸送の問題ですかね。

          とりあえず、これでは使い物にならないので通販サイトに返金処理をお願いしました。

          商品自体のクオリティはなかなかのもので、壊れていなければそのまま盆栽にしたいくらいです。

          内装もかっこいいです。

          1/10のフィギアなら乗りそうです。

          うまく改造できるかなあ。

          事前情報どおりホイルベースには問題ありません。

          やはりポン付けとはいかないようで、モータとギア部が干渉しています。

          これはボディの下から穴を開けて削るしかなさそうです。

          リアは平気そうですかね。

          まあ、へっぽこなのでゆっくりやるようにしましょう。

          あっ、でも壊れているところも俺が直すのか!

          そもそも、返品しろといわれるのか?

          たぶん返品しろとはいってこないと思うが、それはそれは面倒だな。

           


          シューグーで防水アンプを作ってみた

          0

            いいラジ夢気分さんの動画では、水没をテーマ?にした動画あります。

            私のCC-02もいつか水没させてみたいというこもあり、防水仕様であるHOBBYWING QuicRUN-WP-1060-Brushedが載っています。

            最近ラジコンパーツの整理もしていて、ケースを壊してしまい基板がモロ出しとなった防水でないブラシ用アンプがあります。

             

             

            CC-02では速さ等機能的にはそれほど高いものをもとめなくてもよいかと思い、こいつを防水仕様にしたうえで載せてみることにします。

            基板モロ出しアンプは、私がラジコンを始めた頃に買ったものでもう10年以上前のもの。

            あのころは、今の6倍くらいへっぽこで、生まれながらに丁寧に物を扱うことが苦手だったのでアンプのケースを割ってしまうという等の行為が日常茶飯事。

            うむ、成長したなあ!

            もったいないので捨てられずにとってありました。

            取り外したHOBBYWING QuicRUN-WP-1060-Brushedは、別なラジコンに載せかえることにします。

            さて、アンプの防水化にはいくつかの方法があります。

            グーグル先生によると.乾猊船の中に入れる▲織奪僉爾涼罎貌れる液体ゴムを使うぅ轡紂璽亜爾鮖箸Δ覆匹あるそうです。

            ケースも壊れてすでにないのでシューグーを使って防水処理をすることにしました。

            いっぺんにやると硬化するまえに垂れてきそうだったので3日かけて薄く塗り重ねました。

            完成です。

            熱がシューグー内でこもってしまい回路を壊してしまう恐れもあるのかなあと心配しておりますが、やらなければ基板モロ出しアンプはこうして日の目を見ることもなかったわけなのでまあよしとしましょう。

            これから載せ替えてみます。

             

            JUGEMテーマ:ラジコン


            << | 2/5PAGES | >>