calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

ブログ村

広告

広告2

人気ブログランキング

バッテリー容量テスターを買ってみた

0

    お家に帰ると届いていました。

    バッテリーチェッカーです。

    ニッカドやニッスイもプロポバッテリー用のコネクター形状のポートに繋ぐと残量表示できると書いてあるようなのですが、そんな走行用バッテリーはみたことないので、ニッカドとニッスイはプロポ専用かな?

    でも、リポとリフェならバランスコードのポートに繋ぐことができるので使えますね。

    バッテリーが泥だらけなのはご愛敬。

    でも、どうやって残量を求めているのだろうか?

    きっと電圧から残量を表示しているだけなんだろうな。

    だから、3分走って50%残量だからといってあと3分走れるとはかぎらんだろう。

    まあ、電圧だけ表示されるよりもパーセント表示してもらった方が直感的にわかりやすいけど。

    ちょとコネクターが差し込みにくいところが難点です。

    今度下の写真の丸いところを削って置くことにしましょう。

    充電できない環境でバッテリーの容量を気にしながら長時間遊ぶにはあってもよいアイテムとはいえるかな。

    私は海外通販使って購入したので激安でしたが、とりあえず安心して買い物したい人はやはりAmazonですかね。

    調べて見たら2つありました。

    こっちは安いけど到着するまで時間がかかりそうです。

    こちらは早く着きそうだけど少し高いですね。

     


    群馬に行く用事があったので

    0

      群馬に行く用事があったので「ホビーザトミー高崎緑町店」に寄ってみました。

      昔のラジコン屋ってこんな感じだったんだろうなあと思う店内には、絶版のキットがたくさん置いてあります。

      もちろん最新のアイテムもあります。

      サーキットもあるけどキットを買っていない人も走らせてもらえるのでしょうか?

       

       


      KO PROPO 始めました その2

      0

        EX-2,7PX,4PKと並べてみるとデザインのかっこよさは7PXが抜きん出ておりますな。

        この人がいうようにプロポの盆栽として飾っておきたいくらいです。

        実際、手にしてガチャガチャといじってみると4PKとEX-2のスロットルレバーは指のホールド感もよく、グリップも持ちやすい形状となっています。

        その点7PXのスロットルレバーときたら・・・(>_<。)

        EX-2の電源を入れてみます。

        説明書には、必ず最初に動作量のチェックをしてねというので指示通りやってみました。

        動作量の数値が説明書と微妙に違うので「これが個体差というものなんだなあ」と変に感動。

        そういえばプロポのシステムバージョン(Xpansionという名前です)アップデートできるのかなあと思い調べてみるとできるようですが・・・正直めんどくせー( ゚∀゚)。

        7PXはマイクロSDカードさくっとできるのにEX-2は別途アダプターを買わなくてはいけないようです。しかもパソコンにもマネージャーソフトをインストールしなくちゃいけません。

        最新のXpansionのソフトウェアがV2.12とのことなので古いと気分的に嫌だなあと思い確認してみると。

        (*´ω`*) 

        なんということでしょう!

        最新式V2.12ではありませんか!

        在庫製品でもちゃんと最新式のシステムにして出荷してくれるなんてなんて良心的な会社なのでしょう٩(๑´3`๑)۶。

        さらに調べてみるとEX-RR用のノーマルエクステンションユニット2を購入して取り付けることもできます。

        すごいぞKOプロポ!

         

         

         


        KO PROPO始めました その1

        0

          おうちに帰ると見慣れないダンボールがとどいていました。

          早速開けてみます。

          なんということでしょう( ˘ ³˘)♥

          KOのEX-2ではありませんか。

          しかもタブルレシーバーモデル!

          某通販で安く販売されていたので思わずポチってしまいました。

          ラジコンを始めた頃に子供用にEX-5URを購入して以来のKO製プロポです。(ホトンドツカワナイウチニドナドナシマシタ( ゚∀゚))

          早速箱から取り出してみます。

          ( ゚∀゚)

          組み立てるのめんどくせー。

          説明書見ながらじゃないと組み立てられません。

          ちょっとユーザーフレンドリーではないぞ

          早速、組み立ててみると剛性も高く、少しくらいねじってもギシギシいいません。

          klYコンセプトの発想は嫌いではないし、ギシギシしないのでまあよしとしましょう。

          説明書を詳しく読むと一部のミニッツもこれで操縦できるのですね。

          今まで知らなかったです。

          これで動くミニッツ持っていないのになぜかちょっと得した気分。

          電源はなんと乾電池仕様です。

          リフエを使いたいときには別途バッテリースタンド買わなくてはいけません。

          メインプロポとして末永く使うならバッテリースタンドを購入しても元が取れそうですが、今回はそうでないので見送りですね。


          ラジ仲間にEX-2届いたぜと知らせると重さを知りたいというのでフタバのプロポと一緒に体重測定。

          EX-2(乾電池込み)

          7PX(標準リフエ)

          4PK(ニッカド)

          4PK(サードパーティー製リフエ)

          こうしてみると4PKが一番重かったこどか判明。

          計かったあと持ってみればたしかにそうなのですが、これまでは7PXより4PKの方が軽いと感じていましたよ。

          きっと4PKの重量配分が適切なのでしょうね。




          体温計が売り切れていたので

          0

            非接触型の体温計が必要かなあと思い、いくつかお店を回ってみましたがどこも売り切れ。

            普通の体温計ならかろうじて売っているところありましたが、欲しいのはおでこで計れるタイプのものです。

            そういえばラジコングッズの中に非接触型の温度計があったぞと思いだし、ごそごそと家捜ししてみつけました。

            マッチモアの赤外線温度計。

            へっぽこな私ですから、もちろん数回しか使用していません。( ̄^ ̄)

            しかし、電池切れで作動せず。

            仕方がないので電池を購入しに電気屋さんに行きました。

            最初に入っていたボタン電池はL1154というもの。

            探しましたが同じ番号のものはありません。

            ネットで調べるとL1154という型番のボタン電池はLR44のことでした。

            うむ、便利だぞインターネット!( ̄□ ̄;)!!

            さっそく購入。

            取り替えるとちゃんと動きました。

            では体温測定してみます。

            最初はおでこから。

            多分おでこの温度としては正確なのでしょうが、体温計としては使えないですね。

            次は手のひらの温度を測定。

            やはり、体温計としては使えないですね。

            写真を取り忘れてしまいましたが、脇の下は36.4度を示しており、ここなら体温計として使えるようです。

            耳の穴でも測定したのですが36.0度と若干低めです。

            でも必要なのは、おでこで計れる体温計です。

            脇の下で計るのなら普通の体温計で十分で、しかも我が家にもあります。

            ラジコン温度計は体温計としては、使えそうもありません。

            おでこで計る非接触型体温計は、ラジコンの非接触型温度計と動作原理は同じはずですが、測定の際になんらかの補正を行っているのでしょうか。

            気になるところです。



            << | 2/19PAGES | >>